ふわっふわのかき氷を食べたい!古野要人

どーも、古野要人です!

今日は、めちゃくちゃ暑いですね。。。

台風が去った後は暑ーくなりますな。

明後日からはお盆休みに入るし、今日はちょっとみなさんに良い情報を。

夏といえばかき氷ですが、

ふわふわのかき氷とじゃりじゃりのかき氷の違いって分かりますか?

家庭用かき氷機でもふわふわかき氷を作れる?

かき氷には粒が小さくてふわっとした食感を味わえるものと粒が大きくてシャリシャリ感を味わえるものがあります。好みが分かれるところですね。

私のお気に入りはかき氷屋さんなどで食べるふわっふわのかき氷です。そのまんまとはいきませんがほぼ近いふわふわ感を自宅でも楽しむことができるんです。

ポイントはずばり、かき氷機にあります。
かき氷器には専用の製氷カップで作った氷で作るタイプと、キューブ状の自宅で作る氷やコンビニの氷などで作るタイプの2種類あります。

氷を薄く削ると口当たりの良いふわふわのかき氷ができます。今のかき氷機には刃の角度を調整して薄く削ったり、厚く削ったりと好みの削り具合ができるようになっています。

そのため刃の角度調整がついていれば、どんな機種でもふわふわかき氷が作れるんじゃない?と思ってしまいますね。

刃の角度調整ができても、重要なのは削る氷の形状です。

製氷カップで作った氷は、かき氷機の刃に均一にあたり氷の表面がうすく削れていきます。
一方キューブ状の氷は、刃にあたるのが面だけではなく角にも当たったりするので力加減によっては砕けてしまうこともあります。かき氷を作る時の音も製氷カップで作った氷を使うよりも大きくなりがちです。

その音はシャキシャキガリガリかき氷好きの期待度上昇させそうですね。

引用 ふわふわかき氷の作り方は?家庭用では氷の作り方がポイント。


これを読んで確かにな!と感心。

家で作るかき氷は、飲み物に入れる氷をそのまま削ってという感じだったな。

ちゃんとかき氷用の大きな氷で削っていけばさらさらふわふわしたかき氷が出来るってことか!

この週末チャレンジだな!

古野要人